2018年07月31日

東京外環道 東名JCTシールドトンネル工事で地上に異変!

東京外環道 東名JCTシールドトンネル工事で地上に異変!
 野川に酸欠ガスが大深度地下から噴出
 野川遊歩道・工事ヤードに出水!


図をクリックすると図が大きくなります
20180720NogawaKihou-1.jpg

東名JCTトンネル工事で何が起きてるの?
 野川の酸欠ガス・地下水噴出が示す危険な予兆
あなたの家の下にも酸欠ガスや地下水噴出のおそれが?!

20180720NogawaKihou-2a.jpg
PDFはここをクリック


posted by 外環ネット at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2018年07月29日

イベント情報(2018年7月〜10月〜)

 外環関係その他のさまざまな動きの直近のお知らせです。

*10月9日(火)14時〜 東京地裁103号法廷
 東京外環道訴訟第3回口頭弁論

 口頭弁論終了後、報告集会

*9月5日(水)11時30分〜 東京地裁522号法廷
 外環青梅街道インター事業認可取消訴訟第18回口頭弁論


*8月9日(木)19時〜 吉祥寺南町コミセン
 むさしの地区外環問題協議会・学習会
 テーマ:この町を支えるコミュニティの姿とは
  -「吉祥寺東部エリアの地域生活に関する調査」から見えてきたもの-
  講師 小山雄一郎氏(玉川大学リベラルアーツ学部准教授)

*8月5日(日)19時〜 吉祥寺南町コミセン
 講演会「過去のケースから推理する気泡と地下水流出問題」

 講 師:徳竹真人氏(地盤環境研究所主宰)
 主 催:外環ネット

*7月28日(土)14時〜 イベントスペース・リプル
  (練馬区上石神井南町18-11)
 公開学習会「青梅街道インターで地下水・地盤沈下は大丈夫?」
 講師:武内更一弁護士ほか
 主催:元関町一丁目町会外環道計画対策委員会
    生活と権利を守る元関町会地権者の会
    青梅街道インター地権者の会の活動を支える会

*外環オープンハウス(2018.7.4〜7.8)
 7月4日(水)16時〜20時 上石神井南地域集会所(練馬区)
 7月5日(木)16時〜20時 東大泉2丁目常設会場(練馬区)
 7月6日(金)16時〜20時 入間地域福祉センター(調布市)
 7月7日(土)13時〜17時 喜多見7丁目常設会場(世田谷区)
 7月7日(土)13時〜17時 武蔵野市立本宿小学校(武蔵野市)
 7月8日(日)13時〜17時 北野3丁目常設会場(三鷹市)
 7月8日(日)13時〜17時 杉並区立井荻小学校(杉並区)
  東京外かく環状道路「外環オープンハウス」が開催されます。
  本線トンネル及び各ジャンクションの現在の状況など
  パネルや模型などにより情報提供や個別説明
 問合先:
  国交省 関東地整 東京外かく環状国道事務所(0120-34-1491)
  NEXCO東日本 関東支社 東京外環工事事務所(0120-861-305)
  NEXCO中日本 東京支社 東京工事事務所(0120-016-285)
 
posted by 外環ネット at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

国交大臣他に、7月17日付け「外環東名JCT工事ヤード内の地下水流出に関する申し入れ」を送付。工事中止、説明会開催等を求める。

 外環ネットなど計12団体は、2018年7月17日付けで、国交大臣、東京都知事、NEXCO中日本社長、NEXCO東日本社長に対し、「外環東名JCT工事ヤード内の地下水流出に関する申し入れ」を送付し、工事中止、説明会開催等を求めました。
 これは、7月4日付けの「野川に発生した気泡問題に関する申し入れ」に続くものです。
 以下は、申入書です。

2018年7月17日
国土交通大臣 石井 啓一 様
東京都知事 小池 百合子 様
中日本高速道路株式会社 代表取締役社長 宮池 克人 様
東日本高速道路株式会社 代表取締役社長 小畠 徹 様

  外環東名JCT工事ヤード内の地下水流出に関する申し入れ

 東京外かく環状道路本線トンネル東名北工事のシールドトンネル工事により、野川の気泡、遊歩道の観測井からの出水に続き、ヤード内に地下水の流出があった件について、7月4日〜8日のオープンハウスでおおまかな説明がありましたが、詳細は調査中として伏せられ、曖昧な回答のみで、住民が納得できるものではありませんでした。

 野川の気泡に続き、地表面に地下水の流出をもたらした本事象は、大深度法適用の前提を覆す重大問題であり、掘削が進めばシールドマシン先端直上やその周辺の住宅地でも起こりうること、また、地盤沈下や陥没につながりかねないことを示唆しました。

 また、「酸欠」気泡は、我々住民や動植物の「住」「棲」という生命の基盤を脅かすものであり、「シールドマシンは段取り替えのために止めてあります」という住民を軽んじた説明に怒りを禁じ得ません。

 説明不足は山ほどありますが、その具体例を2〜3あげると、
▼オープンハウス配布資料 「東名JCT周辺の野川の気泡について(気泡等の発生状況)」:
「6/28の午後4時頃、工事ヤード内において、地下水が流出しましたが、その後、流出は収まっております。(写真C)」という一文のみで、出水中の写真はなく、乾いた事後写真一枚、水の出方についても数分間というような曖昧な口頭による回答で、噴出状況や出水量など出水の様子が全くわかりません。サンプル採取も実施してないという杜撰さです。

▼オープンハウス配布資料 「気泡発生箇所周辺の野川の水質調査結果(速報値)」:
「環境専門家からも、気泡の酸素濃度は低いものの」との一文がありますが、環境専門家の立場や氏名も、また、酸素濃度の数値も18%未満(酸欠状態)であるようだが、その数値も明らかにされません。

▼東京外環プロジェクトHP 2018年6月29日付「[お知らせ] 東名JCT周辺の野川の気泡について」
NEWS欄の標記記事は、「野川.pdf」をクリックし、スクロールしなければヤード内地下水流出についての情報にたどり着くことができません。ヤードは野川ではありません。地下水は気泡ではありません。
 このようなわかりにくい情報の公表方法を改め、誠意ある対応をお願いいたします。
 なお、6月29日以前の、5月18日等の記事はすでに削除済みで、過去の情報にアクセスできません。

 以上のことから、外環沿線住民は、下記のことを強く各位に求めます。
 なお、この申し入れに対する文書での回答を、7月27日までに問合せ先にお願いいたします。

            記

1.本件により住民に与えた迷惑や環境影響が今後起こらないと住民が納得できるまで、シールドマシンを停止したままとすること。

2.地下水流出問題について、その経緯、発生メカニズム、環境影響、有害性の有無、今後発生の可能性等をデータとともに公表し、住民に説明会を開催すること。

3.現地見学会(地上と地下)を開催すること。

4.「酸欠」気泡や地下水流出のような、地表面に現れた異常を、沿線の自治体や住民が直ちに知り、避難できるような情報連絡体制をつくること

5.ホームページによる公表方法は、適切なキーワードを表題に入れるなど、わかりやすく、アクセスしやすく、過去の履歴を残して、全掲載内容にアクセスできるように改善すること

6.ネット環境(ツイッター、メールを含む)にない住民のことも慮り、当該地にある工事ヤードの、日程表・地図・マシンの位置などを表示している看板の横等にも大きな文字表示で告知すること

7.事業地外に進む本掘進以前に、初期掘進の結果報告、緊急時避難計画についての説明会も開催すること

以 上

問合せ先 : 省略 

申し入れ団体(順不同)
・外環ネット
・市民による外環道路問題連絡会・三鷹
・野川べりの会
・外環中央JCT関係住民の会
・外環予定地・住民の会
・調布・外環沿線住民の会
・外環道検討委員会
・東京外環道訴訟を支える会
・外環道検討委員会・杉並
・外環を考える武蔵野市民の会
・とめよう外環の2ねりまの会
・元関町一丁目町会外環対策委員会

posted by 外環ネット at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

7月4日国交大臣他に「野川に発生した気泡問題に関する申し入れ」、工事中止、説明会開催等を求める

 外環ネットなど計12団体は、2018年7月4日、国交大臣、東京都知事、NEXCO中日本社長、NEXCO東日本社長に対し、「野川に発生した気泡問題に関する申し入れ」を行い、工事中止、説明会開催等を求めました。
 以下は、申入書です。

------------------------------------------------------
2018年7月4日
国土交通大臣 石井 啓一 様
東京都知事 小池 百合子 様
中日本高速道路株式会社 代表取締役社長 宮池 克人 様
東日本高速道路株式会社 代表取締役社長 小畠 徹 様

     野川に発生した気泡問題に関する申し入れ

 東京外かく環状道路東名ジャンクション工事区域近くを流れる野川において発生している気泡が、大深度地下工事が原因と、事業者が以下のように認めています。これはあってはならないことであり、このようなことを引き起こしていながら、住民や地元自治体への説明を全くせずに放置していることに、強く抗議します。

 野川における大深度トンネル工事に起因する気泡発生(以下、これらの事象を「本件事象」といいます)は、6月中旬に住民の録画配信した映像で周辺住民に明らかにされました。住民らがこの事象について問いただした結果、東日本高速道路(株)工事長片倉氏、中日本高速道路(株)工事長佐野氏により、東京外環道の工事に起因するものであるとの証言を得ています。また、時間経過に伴って、気泡の発生個所が増加し、移動するなどの変化もみられています。

 一方、東京外環プロジェクトのホームページのNEWS欄には、2018年5月18日付で「[お知らせ] 東名JCT周辺の野川の気泡について」が掲載されていますが、住民に直接には知らされていませんでした。
そして同じく6月22日付の[お知らせ]では次のように説明されています。

 「平成30年5月中旬より、東名JCT周辺の野川の水面において気泡が見られております。これは、地下のトンネル工事の掘削箇所から、シールド工事で用いる空気のごく一部が地中から地上に漏出しているものです。引き続き、圧力を調整するなどして漏出抑制に努めるとともに、発生状況についてモニタリングしていきます。トンネル工事は正常に進んでおり、地域の皆さまにご迷惑をおかけするような影響はないと考えております。引き続き安全を最優先に工事を進めてまいります。」

 国土交通省外環プロジェクトの上記の[お知らせ]は、「本件事象」は工事の影響であり、大深度地下使用認可を受けた地下の立体都市計画適用範囲外にも及んでいるという重大な事実を示すものです。これは地表に影響がないものとして設定された大深度地下法、および立体都市計画の基本条件を根底から覆すものであり、説明もせずに放置できるような問題ではありません。

 「本件事象」は、世田谷区内の周辺住民のみならず、広く外環沿線住民の不安を激しく掻き立てています。法令違反や環境汚染の可能性が否定できず、住民の安全・安心をも甚だしく無視しているものといわざるを得ません。

 今回は、東名JCT付近において40m以深で「気泡シールド工法」が採用され、気泡発生装置から薬剤を含む気泡が注入され、野川に到達し、川面に現れたため確認できました。このことは、地下40m以深の工事現場から地表部に至る複数の空気の道ができていることを証明しています。これは本来あってはならないことです。
 
 同様なことがすでに発生していたという事実が解っていたのにも関わらず、「気泡シールド工法」が採用され,外環全区間・工区で実施されるのであれば、「本件事象」は全ての沿線で発生する可能性があることとなります。「本件事象」が住宅街で、特に家屋の下などでも発生する可能性は否定できず、その場合、発生の確認は極めて困難になります。

 また、工事で使用する起泡材等の化学物質による地層汚染や圧縮空気による地中有害物質の地表部への移動、酸欠空気の発生、河川・土壌・地下水(飲料水含む)汚染の誘発、さらには、空気の通り道に地下水が侵入し、地層の間隙拡大や水みちを発生させ、あるいは複数の帯水層を繋げ、地下水位の変化を引き起こし、その結果、地盤変位や植生など地表面に変化を及ぼすなどの様々な危険性をもたらすものと考えます。

 2017年2月に開催された「東京外かく環状道路(関越⇔東名)・本線トンネル東名工事に係るシールドトンネル工事の説明会」において、採用のシールド工法が「気泡シールド工法」であることの説明は一切なく、これまで、「地表への影響はない」と言い続けてきた国土交通省及び事業者の説明は、全くの誤りであったといわざるを得ません。

 以上のことから、外環沿線住民は、下記のことを強く各位に求めます。
 なお、この申し入れに対する文書での回答を、7月20日までに問い合わせ先にお願いいたします。

                記
1.気泡発生装置を含む本線シールド工事、ランプトンネル工事を直ちに中止すること。

2.野川に発生している気泡の終息を確認すること。

3.上記と並行し、沿線各地において気泡発生に至った経緯、理由、有害性の有無をデータとともに説明する場を設定し、実行すること。

4.特に、気泡発生に至った経緯については、既にデータが収集されているはずである。そのデータをすべて開示し説明すること。

5.住民が「本件事象」を理解するため、及び、外環工事の実態を理解するため、説明会と合わせて、現地視察の機会を早急に設けること。

6.説明会の場は、オープンハウスとは別途設けること。

7.「気泡」を含む初期掘進の結果の報告(工事内容、環境影響、データ)を行うこと。

以 上

申し入れ団体(順不同)
・外環道検討委員会
・外環中央JCT関係住民の会
・外環予定地・住民の会
・市民による外環道路問題連絡会・三鷹
・東京外環道訴訟を支える会
・野川べりの会             
・外環道検討委員会・杉並
・外環ネット
・外環を考える武蔵野市民の会
・調布・外環沿線住民の会
・とめよう外環の2ねりまの会
・元関町一丁目町会外環対策委員会

問合せ先 : 省略 
----------------------------------------------
posted by 外環ネット at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2018年07月28日

イベント情報(2017年12月〜2018年6月)

外環関係その他のさまざまな動きの直近のお知らせです。

*****2017年12月〜2018年6月のスケジュール *****

*6月24日(火)10時〜 吉祥寺南町コミセン
 むさしの地区外環問題協議会

*6月12日(火)11時30分〜 803号法廷
 東京外環道訴訟第2回口頭弁論

 終了後、報告集会 衆議院第1議員会館会議室

*6月6日(水)公害被害者総行動(デモ行進・国交省交渉・総決起集会)

*6月6日(水)11時30分〜 東京地裁522号法廷
 外環青梅街道インター事業認可取消訴訟第17回口頭弁論
 口頭弁論終了後、報告集会

*4月28日(土)13時〜 イベントスペース・リプル
 青梅街道インターに反対する「地権者の会」「支える会」第5回合同総会
 及び 14時〜 青梅街道インター反対住民集会


*3月13日(火)11時30分〜 803号法廷
 東京外環道訴訟第1回口頭弁論

 報告集会 弁護士会館

*3月7日(水)11時30分〜 東京地裁522号法廷
 外環青梅街道インター事業認可取消訴訟第16回口頭弁論
 口頭弁論終了後、報告集会

*外環オープンハウス(2018.2.1〜2.5)
 2月1日(木)16時〜20時 北野3丁目常設会場(三鷹市)
 2月2日(金)16時〜20時 武蔵野市立本宿小学校(武蔵野市)
 2月3日(土)16時〜20時 喜多見7丁目常設会場(世田谷区)
 2月3日(土)13時〜17時 杉並区立井荻小学校(杉並区)
 2月4日(日)13時〜17時 調布市立滝坂小学校(調布市)
 2月4日(日)13時〜17時 東大泉2丁目常設会場(練馬区)
 2月5日(月)16時〜20時 上石神井北地域集会所(練馬区)
 問合先:
  国交省 関東地整 東京外かく環状国道事務所(0120-34-1491)
  NEXCO東日本 関東支社 東京外環工事事務所(0120-861-305)
  NEXCO中日本 東京支社 東京工事事務所(0120-016-285)

*2018年1月20日(土)18時〜 武蔵野公会堂
  東京外環道訴訟 提訴報告集会

 
*12月18日(月)12時30分〜 東京地裁
 東京外環道訴訟 提訴集会>提訴>記者会見

 
*12月13日(水)11時30分〜 東京地裁522号法廷
 外環青梅街道インター事業認可取消訴訟第15回口頭弁論

 口頭弁論終了後、報告集会



posted by 外環ネット at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2018年06月28日

2018年調布市長選挙及び市議会議員補欠選挙立候補予定者「外環道路」アンケート結果を公表します

調布市長選挙及び市議会議員補欠選挙が、2018年7月1日告示・7月8日投票の日程で行われます。
 調布・外環予定地住民の会は、調布市長選挙及び調布市議会議員補欠選挙の立候補予定者に対して「外環道路」についてのアンケートを実施し、その結果を公表します。

2018年調布市長選及び市議補選・立候補予定者アンケート 
[1] 質問文
Q1.外環事業計画内容と1966年都市計画決定以降今日までの経緯を、どの程度ご存知です?
  a.詳しく知っている  b.大まかに知っている  c.よくは知らない
  答1 〔  〕

Q2.「世界最大級の難工事」と事業者がいう地中拡幅部が調布市域にもあります。事業者である東日本高速道路(株)廣瀬博社長は、2020年までの開通が不可能となった「理由は工事の難しさに尽きる」(日本経済新聞2018年4月27日朝刊)と述べ、住宅街の地下で安全に工事する段階に至っていないことを示唆しています。あなたは、この状況についてどのようにお考えですか?
a.早期完成を望む  b. 住民の安全安心が担保されるまで事業を進めるべきでない  
c.住宅街の安全にかかわるなら事業を再検討すべき  d.その他
 答2 〔  〕理由(30字以内)〔  〕

Q3外環事業は、地元住民に対する十分な情報提供や説明がないまま進められています。しかし、地上に影響を与えないとして大深度法を用いて無補償で住宅街の地下にトンネルを掘ることは地権者の財産権侵害であることや、博多や横浜環状北線のような地盤沈下・陥没による人命や家屋被害の可能性から、住民は事業者に十分な説明や本格掘進開始前に緊急時の避難計画策定を要望し、訴訟も提起されています。あなたは、この状況についてどのようにお考えですか?
a. 事業者の住民への対応は現状で十分だ  
b. 事業者はもっと説明責任を果たし、住民の安全安心に応えるべき  c.その他
 
 答3 〔  〕 理由(30字以内)〔  〕

Q4.住環境、自然環境への影響も危惧されています。事業全体について、あなたの立場は?
a.問題ない。早期完成を望む  
b.さらに時間をかけ慎重に課題解決に努めるべき
c.問題が多いので白紙に戻すべきだ  d.その他(           )
 答4 〔  〕

Q5.外環道路事業に関して、他に有権者に伝えたいことがあれば記して下さい。
 ご意見(60文字以内)〔  〕


[2] 集計結果
  調布市長選及び市議補選「外環」アンケート集計結果(PDF)
(P.1:市長選、P.2市議補選)
 
[3] 「外環道路」アンケートのお願い
2018年調布市長選挙 立候補予定者のみなさま
2018年調布市議会議員補欠選挙 立候補予定者のみなさま
 時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
私たちは、国などが進めている公共事業「東京外かく環状道路(世田谷−練馬間16km)(以下「外環道路」または「外環」という。)に関わる問題に最大の関心を持ち、問題解決にあたることを旨とする、調布市の住民グループです。
この度、7月8日に投票が行われる調布市長選挙に際し、立候補予定者の方々に、外環道路計画について、地元自治体としてどのようなスタンスを取られるのかをお伺いし、ご回答を公表することで、広く有権者の参考にしていただこうと、別紙のアンケート調査を企画いたしました。
ご多忙の折とは存じますが、ご回答いただきたくお願いいたします。
 急なお願いで申し訳ありませんが、回答期限を6月27日(必着)とさせていただきます。期限までにご回答いただけなかった場合は「無回答」として公表いたします。
 ご回答は会のホームページhttp://gaikan.net/  他、会員のリソースを通じて公表し、マスメディア各社にも情報提供いたします
  平成30年6月19日 調布・外環予定地住民の会
posted by 外環ネット at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2018年06月16日

2018年杉並区長選挙立候補予定者「外環」についてのアンケート結果を公表します

 杉並区長選挙が、2018年6月17日告示・6月24日投票の日程で行われます。
 外環道検討委員会・杉並は、杉並区長選挙の立候補予定者に対して「外環」についてのアンケートを実施し、その結果を公表します。

2018年杉並区長選挙立候補予定者アンケート 
[1] 質問文
Q1.外環道路事業計画の内容と、今日までの経緯について、どの程度ご存知でしょうか?
  a.詳しく知っている  b.大まかに知っている  c.よくは知らない
  答1 〔  〕

Q2.同事業に対して、あなたの立場は?
  a.問題ない。早期完成を望む  b.さらに時間を掛け課題解決に努める  c.問題が多いので白紙に戻す d.その他(     )
  答2 〔  〕

Q3.外環道路の事業者である東日本高速道路(株)廣瀬博社長は、2020年までの開通が不可能となった理由は「工事の難しさに尽きる」と述べ、住宅街の地下で安全に工事する段階に至っていないことを示唆しています(日本経済新聞2018年4月27日朝刊)。あなたは、この状況についてどのようにお考えですか?
 a.早期完成を望む  b.安全、安心を含め課題解決に努める  c.住宅街の安全に係わるなら事業を再検討する。 d.その他
 答3 〔  〕理由(30字以内)〔  〕

Q4.「外環ノ2」(東京都事業)は、本線地下化決定後も地上部街路として計画に変更なしとされ、それを不当とする住民からの提訴も起きています。あなたのお立場は?
 a.都の説明は妥当だ b.都の説明は不当だ c.その他 
 答4 〔  〕 理由(30字以内)〔  〕

Q5.外環道路事業に関して、他に有権者に伝えたいことがあれば記して下さい。
 ご意見(60文字以内)〔  〕


[2] 集計結果
      杉並区長選「外環」アンケート集計結果(PDF)

[3] アンケート調査のお願い
 平成30年杉並区長選挙 立候補予定者のみなさま
 私たちは、国及び東京都が進めている公共事業「東京外かく環状道路(世田谷−練馬間16km)=以下、外環道路」に関わる問題に最大の関心を払い、問題解決にあたることを旨とする、杉並区の市民グループです。
 この度、6月24日に投票が行われる杉並区長選挙に際し、立候補予定者の方々に、外環道路計画に対してどのようなスタンスを取られるのかをお伺いし、ご回答を公表することで、広く有権者の参考にしていただこうと、アンケートを企画いたしました。ご多忙の折とは存じますが、ご回答をいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
 急なお願いで申し訳ありませんが、回答期限を6月15日(必着)とさせていただきます。期限までにご回答いただけなかった場合は「無回答」として公表いたします。
 ご回答は会のホームページhttp://gaikan.net/  他、会員のリソースを通じて公表し、マスメディア各社にも情報提供いたします。
  平成30年6月9日 外環道検討委員会・杉並
posted by 外環ネット at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2017年10月16日

第48回衆議院議員選挙立候補者「外環道路」緊急アンケート結果を公表します

 第48回衆議院議員選挙が、2017年10月10日公示・10月22日投票の日程で行われます。
 外環ネットは、東京選挙区の6区(世田谷区北部)、8区(杉並区)、9区(練馬区中西部)、18区(武蔵野市・府中市・小金井市)、22区(三鷹市・調布市・狛江市・稲城市22区域)の立候補者に対して「外環道路」緊急アンケートを実施し、その結果を公表します。
  なお、随時最新情報に更新しています(10月18日第2版に更新)。

第48回衆議院議員総選挙候補者アンケート 
[1] 質問文
Q1.外環道事業計画の内容と、今日までの経緯について、どの程度ご存知でしょうか?
  a.詳しく知っている  b.大まかに知っている  c.よくは知らない
  答 〔  〕

Q2.同事業に対して、あなたの立場は?
  a.問題ない。早期完成を望む  b.さらに時間を掛け課題解決に努める  c.問題が多いので白紙に戻す d.その他(     )
  答 〔  〕

Q3.現内閣は大型公共事業に力を入れてきましたが、一方でその手法は将来世代の負担を増し、「景気の呼び水」としての効果も薄いとの批判があります。あなたのお考えは?(40字以内)
  答 〔  〕

Q4.外環道路事業に関して、他に有権者に伝えたいことがあれば記してください(40字以内)
  答 〔  〕

[2] 集計結果
      衆院選「外環道路」アンケート集計結果はこちら(PDF)

[3] アンケート調査のお願い
「外環ネット(外環道7区市ネットワーク)」と申します。
 本書面は標記衆院議員選挙にて、東京選挙区の後述7区市に該当する選挙区で立候補される方々にお送りしています。
 私たちは、首都圏で事業化されている高速道路「東京外かく環状道路」通過予定区市(練馬区、杉並区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、世田谷区)の住民を中心とした市民団体です。
 同道路事業推進による影響を、最も強くまた恒常的に受ける周辺住民自らの視点で問題点を見つめなおし、広く市民同士で共有すること、そこで示された市民の声に、行政が真摯に答えることを目指して活動を続けております。
 つきましては、この度の選挙に際して、候補者の方々に同道路計画へのご関心とスタンスをお尋ねし、ご回答を(無回答を含め)公表することで、有権者の判断の一助としたいと考え、標記の緊急アンケートを企画いたしました。ご多忙の折とは存じますが、是非ご協力下さいますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
 ご回答は、当会のHPを始め、各地区のHP、マスメディア等に公表いたします。
 期限(10月15日)までにご回答いただけない場合、「無回答」として公表させていただく場合があります。
posted by 外環ネット at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2017年09月04日

イベント情報(2017年9月〜11月)

外環関係その他のさまざまな動きの直近のお知らせです。

***** 9月〜11月のスケジュール *****

11月11日(土)〜12日(日)道路全国連第43回全国交流集会
開催地:千葉県市川市文化会館
第1日目 午後:現地見学、懇親会
第2日目 午前:基調報告、記念講演、特別報告 午後:現地報告、特別報告、団体報告
 詳細を見る>> 

9月27日(水)11時30分〜 東京地裁522法廷
  外環青梅街道インター事業認可取消訴訟第14回口頭弁論

  口頭弁論終了後、報告集会

9月7日(木)19:00〜20:30 
  九浦(きゅうほ)の家(吉祥寺東コミセン)

   吉祥寺東町1-12-6 TEL 0422-21-4141
 第57回むさしの地区外環問題協議会学習会
 「外環道路について 安全対策を中心に」

  出席者:国交省外環国道事務所、NEXCO中日本、NEXCO東日本
  テーマ:「外環道路の安全について」
     シールドトンネル工事の安全対策について
     トンネル走行中の避難等について
  主催:むさしの地区外環問題協議会
  
posted by 外環ネット at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

2017年07月17日

イベント情報(2017.7〜8月)

外環関係その他のさまざまな動きの直近のお知らせです。

***** 7月〜8月のスケジュール *****

外環オープンハウス(2017.7.29〜8.4)
8月4日 (金)16時〜20時 上石神井南地域集会所(練馬区)
8月1日 (火)16時〜20時 調布市立滝坂小学校(調布市)
7月31日(月)16時〜20時 東大泉2丁目常設会場(練馬区)
7月30日(日)13時〜17時 杉並区立井荻小学校(杉並区)
7月30日(日)13時〜17時 喜多見7丁目常設会場(世田谷区)
7月29日(土)13時〜17時 武蔵野市立本宿小学校(武蔵野市)
7月29日(土)13時〜17時 北野3丁目常設会場(三鷹市)
東京外かく環状道路「外環オープンハウス」が開催されます。
本線トンネル及び各ジャンクションの現在の状況など
パネルや模型などにより情報提供や個別説明
問合先:
国交省 関東地整 東京外かく環状国道事務所(0120-34-1491)
NEXCO東日本 関東支社 東京外環工事事務所(0120-861-305)
NEXCO中日本 東京支社 東京工事事務所(0120-016-285)
 (関連情報)三鷹市HPの開催のお知らせ   添付ファイル


外環(仮称)青梅街道IC地域
用地取得に係る地権者への説明会(7/26)
区分地上権設定に係る地権者への説明会(7/24,25)

---
7月26日(水)18:30〜20:00 練馬区立上石神井小学校
用地取得地権者説明会(青梅街道〜千川通り)
---
7月25日(火)18:30〜20:00 練馬区立上石神井小学校
区分地上権設定地権者説明会(千川通り〜新青梅街道)
----
7月24日(月)19:00〜20:30 上石神井北地域集会所
区分地上権設定地権者説明会(新青梅街道より北側)
問合先:
・用地測量に関すること:
 東京都建設局三環状道路整備推進部 整備推進課(03-5320-5179)
・区分地上権に関すること:
 東京都建設局三環状道路整備推進部 外環大泉事務所(03-5947-6181)
・事業に関すること:
 国交省関東地整 東京外かく環状国道事務所(0120-34-1491)


7月19日(水)11時30分〜 東京地裁522法廷
  外環青梅街道インター事業認可取消訴訟第13回口頭弁論
 口頭弁論終了後、報告集会
posted by 外環ネット at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース