2013年11月18日

国交省国道事務所にわたしたちの質問に答えるよう、要請しています


昨年7月に国土交通省に充てた質問書を送付、8月の参議院議員会館で回答するように求めましたが、直前に国交省は出席をキャンセルしました。その後、対応の姿勢がないままでしたが、今年9月13日のオープンハウスで回答するとの連絡がありました。

しかし、当日はわずかなやり取りがあったのみで時間切れとなりました。このため、再度質疑の場を設けるように強く要請。これに対し、後日、文書での回答を送ってきました。
内容をチェックしてみると、すべて、これまで国道事務所が公表してきた資料が並んでいるだけです。

そこで、別紙の再質問書と、大深度法に関する追加質問書を送付。現在、質疑の場を更に設けるように要請を繰り返しています。

是非、今後の動向にご注目ください。

38項目質問書に対する 国交省の回答書について分析調査.docx
追加質問.docx


posted by 外環ネット at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース