2018年06月28日

2018年調布市長選挙及び市議会議員補欠選挙立候補予定者「外環道路」アンケート結果を公表します

調布市長選挙及び市議会議員補欠選挙が、2018年7月1日告示・7月8日投票の日程で行われます。
 調布・外環予定地住民の会は、調布市長選挙及び調布市議会議員補欠選挙の立候補予定者に対して「外環道路」についてのアンケートを実施し、その結果を公表します。

2018年調布市長選及び市議補選・立候補予定者アンケート 
[1] 質問文
Q1.外環事業計画内容と1966年都市計画決定以降今日までの経緯を、どの程度ご存知です?
  a.詳しく知っている  b.大まかに知っている  c.よくは知らない
  答1 〔  〕

Q2.「世界最大級の難工事」と事業者がいう地中拡幅部が調布市域にもあります。事業者である東日本高速道路(株)廣瀬博社長は、2020年までの開通が不可能となった「理由は工事の難しさに尽きる」(日本経済新聞2018年4月27日朝刊)と述べ、住宅街の地下で安全に工事する段階に至っていないことを示唆しています。あなたは、この状況についてどのようにお考えですか?
a.早期完成を望む  b. 住民の安全安心が担保されるまで事業を進めるべきでない  
c.住宅街の安全にかかわるなら事業を再検討すべき  d.その他
 答2 〔  〕理由(30字以内)〔  〕

Q3外環事業は、地元住民に対する十分な情報提供や説明がないまま進められています。しかし、地上に影響を与えないとして大深度法を用いて無補償で住宅街の地下にトンネルを掘ることは地権者の財産権侵害であることや、博多や横浜環状北線のような地盤沈下・陥没による人命や家屋被害の可能性から、住民は事業者に十分な説明や本格掘進開始前に緊急時の避難計画策定を要望し、訴訟も提起されています。あなたは、この状況についてどのようにお考えですか?
a. 事業者の住民への対応は現状で十分だ  
b. 事業者はもっと説明責任を果たし、住民の安全安心に応えるべき  c.その他
 
 答3 〔  〕 理由(30字以内)〔  〕

Q4.住環境、自然環境への影響も危惧されています。事業全体について、あなたの立場は?
a.問題ない。早期完成を望む  
b.さらに時間をかけ慎重に課題解決に努めるべき
c.問題が多いので白紙に戻すべきだ  d.その他(           )
 答4 〔  〕

Q5.外環道路事業に関して、他に有権者に伝えたいことがあれば記して下さい。
 ご意見(60文字以内)〔  〕


[2] 集計結果
  調布市長選及び市議補選「外環」アンケート集計結果(PDF)
(P.1:市長選、P.2市議補選)
 
[3] 「外環道路」アンケートのお願い
2018年調布市長選挙 立候補予定者のみなさま
2018年調布市議会議員補欠選挙 立候補予定者のみなさま
 時下ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。
私たちは、国などが進めている公共事業「東京外かく環状道路(世田谷−練馬間16km)(以下「外環道路」または「外環」という。)に関わる問題に最大の関心を持ち、問題解決にあたることを旨とする、調布市の住民グループです。
この度、7月8日に投票が行われる調布市長選挙に際し、立候補予定者の方々に、外環道路計画について、地元自治体としてどのようなスタンスを取られるのかをお伺いし、ご回答を公表することで、広く有権者の参考にしていただこうと、別紙のアンケート調査を企画いたしました。
ご多忙の折とは存じますが、ご回答いただきたくお願いいたします。
 急なお願いで申し訳ありませんが、回答期限を6月27日(必着)とさせていただきます。期限までにご回答いただけなかった場合は「無回答」として公表いたします。
 ご回答は会のホームページhttp://gaikan.net/  他、会員のリソースを通じて公表し、マスメディア各社にも情報提供いたします
  平成30年6月19日 調布・外環予定地住民の会
posted by 外環ネット at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース