2020年10月06日

コロナ禍を理由に過剰な制限を課すオープンハウスの運営改善を要請、外環ネット他

 2020年9月26日〜30日に開催される外環オープンハウスは、コロナ禍対策として新しい生活様式を試みることなく、ただ人数制限や時間制限等を行うだけで、住民への開かれた説明の場からほど遠いものが計画されています。
 そこで、外環ネットと野川べりの会は連名で、オープンハウス運営の改善を求める要請書を事業者に送付しました。以下はその要請書です。

-------------------------------------

2020年9月22日

国土交通省関東地方整備局 東京外かく環状国道事務所 所長 柴田芳雄様
中日本高速道路株式会社東京支社 東京工事事務所 所長 杉井淳一様
東日本高速道路株式会社関東支社 東京外環工事事務所長様

野川べりの会/外環ネット
 
                          
2020年9月開催の東京外かく環状道路(関越〜東名)オープンハウス等に係る要請書

 2020年9月26日から30日にかけて世田谷区から練馬区の8会場で開催される、東京外かく環状道路(関越〜東名)オープンハウスは、新型コロナ感染症拡大防止のための制限等を理由に、新しい様式を積極的に導入することなく、単に時間制限や人数制限等を課すだけで、工事の状況、事業再評価(事業費、供用年の延期、工事内容等)、地表の自然・生活への影響(酸欠ガス、騒音・振動など)などを問いただしたい関係住民の要請に対応できるものから程遠い、中身の伴わない形だけのものになっています。

 そこで、本来あるべき住民への説明の場に少しでも近づけるためのご努力をしていただきたく、下記について改めて文書にて要請します。9月24日(木)までにメールにてご回答ください。なお、9月11日から電話ベースで要請しています。


● 会場の選定がひどい。従来の集中質疑が可能になる会場設定をすること
● 上記1ができないならば、住民との集中質疑の会は別の日に、参加人数を考慮した会場設営により開催すること

● 各会場における定員(参加者とスタッフのそれぞれの人数と合計の人数)を示すこと。また、定員を超えた場合の対処方法を示すこと

●来場者を優先し、スタッフは質問に答えられる人間を厳選し、少数精鋭で臨むこと。

● 来場者が定員を越えたら、説明対応を行ってないスタッフは会場外で待機すること

●定員を超えない限り複数回の来場を認めること(調布・三鷹での掘進説明を含む)

●時間を効率的に使うために、展示パネル等の内容を事前にホームページに公開すること

● 調布・三鷹での掘進説明(定員8名、1回15分:説明10分、質疑応答5分)は、住民の納得を得るための運営からほど遠い。
 配布資料及び説明のナレーションを文字化したものを事前配布、説明はWEB及び会場で常時放映し、説明時間を省き、15分全てを原則質疑応答に充てること。
 また、オンライン説明の併用を試行し、人数制限や時間制限を緩和すること

● 従来からの要望事項である、同時間帯に2会場で開催しないことに応えること
 
● 2020年8月28日付「令和2年8月7・8日開催の東名ジャンクションにおける工事説明会の運営への抗議及び要請並びに今後の説明会等への要請」文書への回答及び2020年8月31日付「[中央JCT北側ランプシールドトンネルに係る工事説明会](令和2年8月7日.8日開催)に対する抗議と要求」文書に対する回答検討状況を示すこと

以上

連絡先:省略



*****[お知らせ]*****
東京外環道の真実を伝える本を広めてください!
 「住宅の真下に巨大トンネルはいらない〜ドキュメント東京外環道の真実〜」
  丸山重威著 東京外環道訴訟を支える会編 本体1600円
  推薦:浜 矩子(同志社大学教授) あけび書房

東京外環道訴訟を支える会のブログはこちらから

posted by 外環ネット at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース