2020年03月26日

3回も空気噴出させた東京外環道工事の中止を求める!12日外環ネットが国土交通記者会で記者発表

国等の事業者が気泡シールド工法による掘進を強行したことにより、2020年3月7日から3度目の酸欠ガスが野川に噴出したことから、外環ネットは12日午後、国土交通大臣宛の抗議・要求文を提出(既報)した後、国土交通記者会において、野川および白子川で「3回にわたり空気を噴出させた東京外かく環状道路シールド工事は中止すべきです」との記者発表を行いました。

20200312_PressRelease_DSC03663.jpg
(2020年3月12日国土交通記者会で記者発表)
-----------------------------------------------------------------------
2020年3月12日

報道機関 各位

3回にわたり空気を噴出させた東京外かく環状道路シールド工事は中止すべきです
外環ネット


東京外かく環状道路のシールド工事では、トンネル上部の地盤が変容する可能性があります。加えて、2020年3月7日に至り、調布・狛江市域に入ったシールド工事によると思われる気泡が野川に出現しました。「地表面に影響を与えない」という大深度法の前提は、再び崩れたのです。

これまでの経緯
2018年5月から7月にかけて世田谷区の野川に気泡が噴出し続け、地下水位観測井等に地下水が流出しました。気泡シールド工事が原因で漏出した気泡の酸素濃度は1.5〜6.4%で、一息吸っただけで即死するような酸素欠乏空気でした。

それ以来、私たち沿線住民は、命の危険を感じ、原因究明・対策等を、国土交通省をはじめ事業者等に直接、あるいは基礎自治体等を通じて要求してきましたが、納得できるような回答が得られていません。また、情報公開請求に対しても、非開示ないしは黒塗り一部開示で答えるだけです。

トンネル施工等検討委員会提言は住民の安全無視
2019年6月13日、第19回 東京外環トンネル施工等検討委員会は、「大泉JCT工事ヤード内において漏気抑制を確認した上で、今後の工事を進める。」とし、室内試験により、添加材の調整で漏気が抑制できることを確認したと公表していました。

しかし、その実証試験の場である大泉JCT工事ヤード内での確認掘進で、8月19日から9月4日にかけて練馬区の白子川に7.3%〜の酸欠空気の漏出、また、10月31日から既存ボーリング孔の漏気が東京外環プロジェクトのホームページで公表され、さらに、10月17日の【お知らせ】では、漏気抑制ができていない中、前言を翻すような以下の有識者(委員会メンバーとされる)見解が報告されました。
「添加材に気泡を用いた掘進は、空気の通り道等により漏気の可能性はある」
これに続けて、漏気が発生したとしても周辺環境に影響がないと考えられるので、気泡を用いた掘進を進めること、という主旨の提言をまとめています。この提言に沿って事業者は、2020年3月2日から、狛江・調布市域での工事に気泡シールド工法を再開しました。

野川に3度目の漏気発生
そして早くも5日後の3月7日に、トンネル工事に沿った野川で、再び漏気が発生したことを、わたしたちは確認しました。もはや「空気の通り道等」とは関係なく、いかなるところにおいてもシールド工事による漏気発生が明白になりました。

シールド工事による地盤の緩み発生に加え、気泡シールド工法による(酸欠)空気の地表面噴出が避けられないことを示すものであり、また、酸素欠乏状態の空気噴出となれば、沿線に居住する住民等の生命や生活の安心・安全を無視するものであります。 とりわけ、地下室や古井戸等の所有者や当該区域において地下工事に当たる作業員の生存権、財産権を破壊、毀損するものです。親水公園の子供たちも命の危険にさらされるのです。

以上の理由から、わたしたちは東京外環道工事の中止を求めています。

本日3月12日、国土交通大臣宛の抗議文(添付)を道路局高速道路課課長補佐に手交しました。それ以外の宛先各位には別途郵送予定です。 
問合せ先:省略
-----------------------------------------------------------------------

*****[お知らせ]*****
東京外環道の真実を伝える本を広めてください!
 「住宅の真下に巨大トンネルはいらない〜ドキュメント東京外環道の真実〜」
  丸山重威著 東京外環道訴訟を支える会編 本体1600円
  推薦:浜 矩子(同志社大学教授) あけび書房

東京外環道訴訟を支える会のブログはこちらから

posted by 外環ネット at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187313806

この記事へのトラックバック