2020年10月07日

野川べりの会が緊急要請書!振動・騒音・低周波音による健康被害深刻、住宅や敷地の損傷も発生

 東京外環道本線トンネル工事のシールドマシンが調布市域に入って後、北行マシン直上周辺の入間町、南行マシン直上周辺の東つつじヶ丘3丁目・2丁目、若葉町で、多くの振動・騒音・低周波音等の被害が報告され、深刻な健康被害を訴える方も出ています。
 また、東つつじヶ丘2丁目では、外壁タイルが剥がれ落ちたり、地割れなど、地盤変位等の疑いのある建物等の損傷がシールドマシンの通過直後に直上周辺で起こっています。
 野川べりの会と 調布・外環沿線住民の会は9月29日、谷戸橋地区センターで開催されている外環オープンハウスにおいて、東京外かく環状国道事務所 計画課長 木本悠太氏他に要請書を手渡して、この重大かつ深刻な問題に対して、工事中止を含む緊急対応を求めました。


------------------------------------------

2020年9月29日

国土交通大臣 赤羽一嘉 様
東京外かく環状国道事務所 計画課長 木本悠太様
東京都知事 小池 百合子 様
東京都建設局 三環状道路整備推進部長様
中日本高速道路株式会社 代表取締役社長 宮池 克人 様
外環東名北工事区 工事長  本木 新様
東日本高速道路株式会社 代表取締役社長 小畠 徹 様
外環トンネル南工事部 工事長 佐藤龍利様
                                             
                                                 
野川べりの会/ 調布・外環沿線住民の会


要請書


調布市域にシールドマシンが入って後、北行マシン直上周辺の入間町、南行マシン直上周辺の東つつじヶ丘3丁目・2丁目、若葉町で、多くの振動被害が報告されています。
 東つつじヶ丘2丁目では、地盤変位等の疑いのある建物等の損傷がシールドマシンの通過直後に直上周辺で起こっています。
 それぞれの被害について、個々の方々が事業者に連絡をされていますが、問題を解決するような動きが、事業者側からは何もありません。
 今般の被害は、住民の財産に係わるだけではなく、重大な健康被害につながる可能性があり、早急な対応が必要です。
 従って、下記のとおり要請をします。回答を10月6日までに文書にて回答願います。

要請事項

<地盤変位等による建物等の損害に関して>
◆ シールドマシンを止めてください。
◆ 第三者機関による地盤測量をし、結果を事前のものと合わせて公表してください。
◆ 第三者機関による、シールドマシン通過後、直上周辺の家屋等に出ている被害の原因究明を早急にしてください。
<振動・騒音・低周波音等に関して>
◆ 振動・騒音・低周波音等を低減してください。
◆ 振動の計測を横断方向だけでなく、延長方向のマシンの前後100mで早急に行ってください。
◆ 振動・騒音・低周波振動の測定をマシンの通過前後を含めて室内で行ってください。
◆ 振動、低周波音等で健康を損ねかねない場合、在宅勤務が困難な場合は、ホテル等の提供を検討してください。

<工事の周知に関して>
◆ 振動の影響があると想定される範囲のお宅に、外環工事で振動があることをお詫びにまわってください。
◆ 電信柱等の看板で広域に外環工事が行われていることを知らせてください。
◆ 住民説明会を開いてください。

連絡先:省略



*****[お知らせ]*****
東京外環道の真実を伝える本を広めてください!
 「住宅の真下に巨大トンネルはいらない〜ドキュメント東京外環道の真実〜」
  丸山重威著 東京外環道訴訟を支える会編 本体1600円
  推薦:浜 矩子(同志社大学教授) あけび書房

東京外環道訴訟を支える会のブログはこちらから

posted by 外環ネット at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188001275

この記事へのトラックバック