2022年01月21日

[緊急要請]コロナまん延防止期間中の外環事業説明会は中止又は延期

 外環ネットと13の賛同団体は1月20日、1月21日からの「まん延防止等重点措置」適用決定を受けて、外環事業者がシールド工事再開に向けて1月23日から住民説明会を沿線各地で開催することは、会場となる小学校の児童を含む地域住民をコロナ感染の危険に曝すことにになるため、「まん延防止等重点措置」の期間内の説明会を中止又は延期するように三事業者に、また、沿線自治体には、三事業者に説明会の中止又は延期を求めるよう緊急要請しました。
 以下は緊急要請書です。

(1)外環三事業者宛
2022年1月20日

東日本高速道路株式会社 関東支社 東京外環工事事務所長様
[写] 東日本高速道路株式会社 代表取締役社長 小畠 徹様
中日本高速道路株式会社 東京支社 東京工事事務所長様
[写] 中日本高速道路株式会社 代表取締役社長 宮池克人様
国土交通省 関東地方整備局 東京外かく環状国道事務所長様
[写] 国土交通大臣 斉藤鉄夫様
[写] 東京都知事 小池百合子様

外環ネット他13団体
 
[緊急要請] コロナまん延防止期間中の外環事業説明会を中止又は延期してください


 去る1月14日に、国土交通省、東日本高速道路株式会社及び中日本高速道路株式会社は、「外環事業大泉側シールドトンネル工事の『再発防止対策』および『今後の対応』などに関する説明会の開催について(お知らせ)」及び「外環事業中央JCT北側ランプシールドトンネル工事の『再発防止対策』および『今後の対応』などに関する説明会の開催について(お知らせ)」を公表しました。1月23日から2月1日に練馬区、杉並区、武蔵野市、三鷹市の計6会場で計10回、工事箇所周辺(練馬区、杉並区、武蔵野市、三鷹市、世田谷区)の住民を対象とする説明会開催のお知らせです。

 しかるに、1月19日、東京都のコロナ新規感染者数は過去最多の7377人。この感染急拡大に伴い、政府は19日、13都県に「まん延防止等重点措置」を適用することを決定しました。期間は1月21日から2月13日まで。これに伴い、多くのイベント等が中止される状況になってきています。
 この時期に説明会を開催することは、多くの住民を感染させる可能性がある場を設定することであり、住民の生命や健康を危険に曝すことになり、安全安心を第一に事業を進めることに反します。
 さらに、練馬区立泉新小学校、上石神井小学校、三鷹市立北野小学校の体育館が予定されています。不特定多数の大人が出入りすることで、子どもたちに感染する可能性が高まります。説明会のお知らせには、感染予防対策に十分配慮すると書かれてはいますが、入場者の人数制限や質問時間の制限などをして、形ばかりの説明会では意味がありません。丁寧な説明を行い、住民の疑問等にしっかり答えられる環境を整えた上で、説明会は開催されるべきです。

 よって、東京外環道の問題について日々考え、活動する、練馬区から世田谷区までの沿線各地の住民で構成する私共外環ネット、および以下の賛同団体は、貴事業者に対して、「まん延防止等重点措置」の期間内の外環事業説明会を中止又は延期することを緊急に強く求めます。
以上

賛同団体(順不同)計13団体:とめよう「外環の2」ねりまの会/元関町一丁目町会外環対策委員会/外環道検討委員会・杉並/外環を考える武蔵野市民の会/市民による外環道路問題連絡会・三鷹/外環道路予定地・住民の会/調布・外環沿線住民の会/野川べりの会/外環道検討委員会/
外環いらない!世田谷の会/東名JCT近隣住民の会/東京外環道訴訟を支える会/
東京外環道訴訟原告団・弁護団

連絡先:外環ネット(E-mail info-gaikannet@gaikan.net)


(2)沿線自治体宛
2022年1月20日

練馬区長  前川燿男様、 教育長様 及び 関係各位
杉並区長  田中 良様 及び 関係各位
武蔵野市長 松下玲子様 及び 関係各位
三鷹市長  河村 孝様、 教育長様 及び 関係各位
[写]世田谷区長 保坂展人様 及び 関係各位
[写]狛江市長  松原俊雄様 及び 関係各位
[写]調布市長  長友貴樹様 及び 関係各位
[写]東京都知事 小池百合子様 及び 関係各位

外環ネット他13団体
 
[緊急要請]コロナまん延防止期間中の外環事業説明会の中止又は延期を事業者に求めてください


 日頃から住民の命と暮らしを守る行政運営に傾注してこられていることに敬意を表します。
 去る1月14日に、国土交通省、東日本高速道路株式会社及び中日本高速道路株式会社は、「外環事業大泉側シールドトンネル工事の『再発防止対策』および『今後の対応』などに関する説明会の開催について(お知らせ)」及び「外環事業中央JCT北側ランプシールドトンネル工事の『再発防止対策』および『今後の対応』などに関する説明会の開催について(お知らせ)」を公表しました。1月23日から2月1日に練馬区、杉並区、武蔵野市、三鷹市の計6会場で計10回、工事箇所周辺(練馬区、杉並区、武蔵野市、三鷹市、世田谷区)の住民を対象とする説明会開催のお知らせです。

 しかるに、1月19日、東京都のコロナ新規感染者数は過去最多の7377人。この感染急拡大に伴い、政府は19日、13都県に「まん延防止等重点措置」を適用することを決定しました。期間は1月21日から2月13日まで。これに伴い、多くのイベント等が中止される状況になってきています。
 この時期に説明会を開催することは、多くの人が感染する可能性がある場を設定することになります。さらに、練馬区立泉新小学校、上石神井小学校、三鷹市立北野小学校の体育館が予定されています。不特定多数の大人が出入りすることで、子どもたちに感染する可能性が高まります。説明会のお知らせには、感染予防対策に十分配慮すると書かれてはいますが、入場者の人数制限や質問時間の制限などをして、形ばかりの説明会では意味がありません。地域と関係住民が安心できる時期に、住民の疑問等にしっかり答えられる環境を整えた上で、説明会は開催されるべきです。

 日頃、新型コロナ感染症の感染拡大に対する様々な対策を講じてきている外環沿線区市として、感染拡大が急速に進んでいるこの時期に、不特定多数が集まる説明会の開催を許容することは、努力を重ねてきた今までの対策と齟齬が生じることになります。

 よって、東京外環道の問題について日々考え、活動する、練馬区から世田谷区までの沿線各地の住民で構成する私共外環ネット、および以下の賛同団体は、外環沿線区市が1月23日から2月1日の外環事業説明会の中止または延期を事業者に緊急に強く求めることを要請いたします。
以上

賛同団体(順不同)計13団体:とめよう「外環の2」ねりまの会/元関町一丁目町会外環対策委員会/外環道検討委員会・杉並/外環を考える武蔵野市民の会/市民による外環道路問題連絡会・三鷹/外環道路予定地・住民の会/調布・外環沿線住民の会/野川べりの会/外環道検討委員会/
外環いらない!世田谷の会/東名JCT近隣住民の会/東京外環道訴訟を支える会/
東京外環道訴訟原告団・弁護団

連絡先:外環ネット(E-mail info-gaikannet@gaikan.net)


*****[お知らせ]*****
● このブログについてのお問合先は
info-gaikannet@gaikan.net まで

《新刊》『道路の現在と未来 ─道路全国連四十五年史』
 道路住民運動全国連絡会編著 本体2600円 緑風出版
 住民は道路事業にどう抵抗し 何を勝ち取ってきたか 道路はどうあるべきかを提言
 
東京外環道の真実を伝える本を広めてください!
 「住宅の真下に巨大トンネルはいらない〜ドキュメント東京外環道の真実〜」
  丸山重威著 東京外環道訴訟を支える会編 本体1600円
  推薦:浜 矩子(同志社大学教授) あけび書房

東京外環道訴訟を支える会のブログはこちらから

posted by 外環ネット at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189286362

この記事へのトラックバック