2010年09月18日

「鞆の浦」を学ぶ「鞆の浦」に学ぶ学習講演会のお知らせ

昨秋、歴史的景観を保護するために公共事業の事前差し止めを認めた画期的な判決がありました。
無駄な公共事業の見直しが待ったなしとなっている昨今、裁判史上初めての事前差し止めを勝ち取った「鞆の浦訴訟」の特徴と今後に生かすべき教訓は何か?
事業者の「裁量権」を正し、事前の差し止め、事業の中止を勝ち取る方途は?
景観訴訟&行政訴訟の専門家、越智敏裕さんにお話を伺います。

*詳しいチラシは下記よりダウンロードできます
 鞆の浦に学ぶ学習会チラシ


日時 :9月26日(日)午後1時30分〜4時35分
会場 :三鷹市市民協働センター 大会議室 地図
参加費:無料(資料代として500円程度のカンパをお願いします)

講演テーマと講師:
「公共事業と行政訴訟 −鞆の浦訴訟等を題材に」
 越智敏裕 上智大学法学部准教

主催:三鷹349号線道路の会
お問い合わせ/運営事務局担当:長谷川
j08317-nakatani.jc@snow.plala.or.jp
posted by 外環ネット at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 三鷹
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40790693

この記事へのトラックバック